KDDI 送信ドメイン認証技術の導入開始(予定)

2005年12月06日

KDDIが携帯インターネットサービスEZWebにおいて、なりすまし防止対策として送信ドメイン認証技術「SPF/Sender ID」の導入を2006年度に実施すると発表しました。

送信ドメイン認証技術の導入開始について

今人気のEZWebですから、コンテンツプロバイダーはもちろん、他の一般ISPも対応せざるえない状況になるでしょう。

これが実現すれば、普通に公式サイトだけを使っている人なら、ちゃんと受信許可のドメインを設定していれば迷惑メールはなくなることが期待できます。(言い切らないのは、公式サイトを運営するコンテンツプロバイダーのメールサーバが踏み台にされるようなマヌケなことも想定して...)

メールでユーザとコンタクトとるのはコンテンツプロバイダーにとっては非常に有効な手段なので、ユーザ・コンテンツプロバイダー双方にメリットのある対策と言えるでしょう。
posted by CISO見習い at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 情報セキュリティ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。