whoisで個人情報保護

2005年02月07日

保有個人データの話は次回にして、今回はITエンジニアとして気になっていた個人情報に関するネタで動きがありましたので、紹介したいと思います。

エンジニアの方ならwhoisって使いますよね。

これ使うと結構な個人情報表示されちゃうんですよねぇ。私は特にJPNICに登録したりしていませんのでいいんですが、これらの情報を表示することにどれだけ意味があるんだろう、個人情報保護的に言えば、「利用目的は何なんだろう?」って思っていました。ネットワーク管理者は障害対応などで連絡取り合ったりするのでしょうか?それにしても自宅の住所や電話番号まで見られるのはちょっとイヤっていう人も多かったのでしょう。

JPNICも重い腰をあげて対応するみたいです。

http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2005/20050201-01.html

私も全てのルールを熟読はしていませんが、法律に対応するためにルールを変えた、なんて説明がいやですね。それなら法律制定後すぐに対応すればいいのに、2年近くも放置しておいて。

法律遵守はもちろんだけど、個人情報保護のためのルール改正にしてくださいね。
個人情報保護の意味わかってるのかなぁ。心配だなぁ。
posted by CISO見習い at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個人情報保護




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ほっとけない 世界の貧しさ
当サイトでは頂く「トラックバック」は 訪問して頂いた方にとても、大変お役に立つ情報であると考えています。 そのため、記事に少しでも関係のある物に関しましては大歓迎ですが
■記事と全く関連がないと判断される物
■「宣伝」「誘導」を目的とした物

これらに該当すると判断される「トラックバック」つきましては「削除」させて頂いておりますのであらかじめご了承下さい。 同様に「宣伝と判断されるコメント」も削除させて頂きます。



これだけは知っておきたい個人情報保護
岡村 久道 鈴木 正朝
日本経済新聞社 (2005/01)
売り上げランキング: 3,036
おすすめ度の平均: 4.39
4 とりあえず本
4 フレームワークを知るには良い本
5 「これで十分!!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。