データ内容の正確性の確保

2005年03月26日

今日は法律短いですよ。 (データ内容の正確性の確保)
第十九条 個人情報取扱事業者は、利用目的の達成に必要な範囲内において、個人データを正確かつ最新の内容に保つよう努めなければならない。


短すぎでしょ

日本語は理解できても、その意味は理解できないんじゃないですか。これは要説明ですね。

非難をおそれずに書くと、この条文は事業者の遵守事項のみですが、本来は本人にも遵守事項を入れるべきです。(私が国会議員ならすぐさま改正だな)
何故かって、正確性を確保しようって言っても本人が正確に提供してくれなきゃ事業者はどうしようもないしね。

本人:正確に個人情報を提供する
事業者:収集した個人情報を正確かつ最新に保つ


これが正解!

そんでもって、事業者が「正確かつ最新に保つ」ためにはどんな仕組みにするのかを考えなきゃいけません。Webなんかで本人の入力が個人データになる場合はいいんですけど、一旦紙などで収集して、手作業でコンピュータに打ち込んでいたりするとその確認プロセスなどの構築が必要です。うぁ、大変。紙はやだねぇ。

あっ、大事なこと忘れてた。

これって「個人データ」の遵守事項です。「個人情報」じゃないです。それ以上は説明いいでしょ。分からない人は復習しといて。

次回は「安全管理措置」。う〜ん。
posted by CISO見習い at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個人情報保護




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ほっとけない 世界の貧しさ
当サイトでは頂く「トラックバック」は 訪問して頂いた方にとても、大変お役に立つ情報であると考えています。 そのため、記事に少しでも関係のある物に関しましては大歓迎ですが
■記事と全く関連がないと判断される物
■「宣伝」「誘導」を目的とした物

これらに該当すると判断される「トラックバック」つきましては「削除」させて頂いておりますのであらかじめご了承下さい。 同様に「宣伝と判断されるコメント」も削除させて頂きます。



これだけは知っておきたい個人情報保護
岡村 久道 鈴木 正朝
日本経済新聞社 (2005/01)
売り上げランキング: 3,036
おすすめ度の平均: 4.39
4 とりあえず本
4 フレームワークを知るには良い本
5 「これで十分!!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。