携帯電話をなくしたら

2005年07月22日

あるところで恐ろしいことを聞きました。

あるシステム開発会社が社員に携帯電話を貸与していました。貸与された社員は業務で使用するために取引先の名前や電話番号を登録していました。
ところがその携帯電話を紛失してしまい、不幸にもその携帯電話の電話帳にはセキュリティ機能がなかったため拾った人は簡単な操作で電話帳を見ることができる状態です。

ここまでは普通にありえることだと思います。

しかし、こんなとき経済産業省のお役人さんはこう言います。「個人情報の紛失にあたりますので、経済産業省に届け出てください」

正気でしょうか。でもホントの話です。信頼できる方が公の場で言っておられましたから。

もちろん届け出たから何か処分がある訳ではないとのことですが、そこまで必要なのでしょうか?

そうなると以下の対策を取るしかありません。

1. パスワードや生体認証による電話帳のロック
2. 遠隔操作による電話帳データの削除
3. サーバのアドレス帳にアクセスし、携帯電話の電話帳は使わない

私は3を推進中です。(まだ完全にデータ移行しきれていないので携帯電話の電話帳にもデータが残っていますが)
理由は1はパスワードロックしているだけで妻に怪しまれる可能性があること(笑)、2の機能は私の携帯電話にはないこと、という単純なものです。

皆さんはどの方法にしますか?
さぁ、急いで!
posted by CISO見習い at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個人情報保護




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5625268
ほっとけない 世界の貧しさ
当サイトでは頂く「トラックバック」は 訪問して頂いた方にとても、大変お役に立つ情報であると考えています。 そのため、記事に少しでも関係のある物に関しましては大歓迎ですが
■記事と全く関連がないと判断される物
■「宣伝」「誘導」を目的とした物

これらに該当すると判断される「トラックバック」つきましては「削除」させて頂いておりますのであらかじめご了承下さい。 同様に「宣伝と判断されるコメント」も削除させて頂きます。



これだけは知っておきたい個人情報保護
岡村 久道 鈴木 正朝
日本経済新聞社 (2005/01)
売り上げランキング: 3,036
おすすめ度の平均: 4.39
4 とりあえず本
4 フレームワークを知るには良い本
5 「これで十分!!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。