個人情報保護士の試験案内

2005年08月29日

受けないって言ってるのに、個人情報保護士の試験案内が郵送されてきました。
(会社宛てだから何か問題あるって訳ではありませんが、タイミング良過ぎ)

Webサイトもそうですが、この郵送されてきた案内も非常にオーバーなんです。

いきなり

個人情報保護法対策はすべての企業・団体の義務重要課題です!

というフレーズが....

う〜ん、個人的には「個人情報保護法対策」って言葉が嫌いです。確かに法遵守は重要ですが、個人情報保護って預かっているデータの主体である個人に対する責務であり、その責務を果たしていると法対策なんて自然とできてしまうくらいのものだと思います。
また「すべての企業・団体」っていうところが「オーバーな表現」で不安を煽っているだけのように感じます。行き過ぎた個人情報保護が問題になるのはこのあたりに原因があるのではないかとも思ってしまいます。

また別のところにはこんな記載があります。

「経済産業省が示している個人情報保護ガイドラインでは、個人情報取扱事業者に対して、本社や各事業所に個人情報保護管理者を配置することが求められています。」

本社や各事業所にって本当ですか???
できる限り調べてみましたけど、そのようなガイドラインは見つけられませんでした。
小規模な事業所などは実質不可能だと思うのですが。

そもそもこの個人情報保護士の試験は法務知識や情報セキュリティの知識も必要となるため非常に難しいものになると思っています。

そしてこの個人情報保護士が個人情報保護管理者を想定しているなら、そのようなスキルを持ち合わせた人を各事業所に配置するのはほとんどありえない話です。できるとしたら、一部の大企業だけでしょう。

まぁ考えようによっては、このスキル身につけてたら食いつないでいられるってことでしょうか。やっぱり試験受けようかなぁ...なんて。
posted by CISO見習い at 22:40 | Comment(2) | TrackBack(2) | 資格




この記事へのコメント
私にも(正確には私の上司)このDMが来ました。

法の中に「個人データの管理について責任を有する者」という文言がでてきます。(23条4項とか。)こういう人を必ず定めなければならないという規定はないですが、ここから読むと、責任者を設置してそれを公表しておきましょうと読めるので、省庁の安全管理実務指針で、個人データ管理責任者の設置を義務づけたりしているようですね。管理責任者のほかに、各部署ごとに「個人データ管理者」を設置することにもなっているようですから、このDMはこのことを言っているのでしょうね。
とは言っても、どうせ支店長とか部署の部長とかが兼務するのですから、その人がそれだけのスキルがあるかどうかには関わらないでしょう。
「スキルがある人がなる」ではなく、任命された人(部長など)がスキルをつける、もしくは、部下にスキルをつけさせておしえてもらう(笑)でしょうね。
えー私はここでいう「教えてあげる部下」に当たりますが。w

私も、受けるのどうしようかなあ〜
Posted by ましーん10号 at 2005年09月01日 09:13
ましーん10号さん、コメントありがとうございます。

大変参考になりました。私はどちらかと言えば技術よりなので法律解釈などはまだまだ勉強中なのでこのようなコメントを頂けると非常に助かります。今後ともアドバイスよろしくお願い致します。

私はたぶん受けないかなぁ。まだ迷っています。

Posted by CISO見習い at 2005年09月01日 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6352718

「個人情報保護士」認定試験
Excerpt: 会社にDMが送られてきました。「個人情報取扱責任者 様」って。なにやら「個人情報保護士認定試験」というのが始まるそうです。財団法人全日本情報学習振興協会というところが主催しているようです。試験日は、平..
Weblog: 行列のできない法律相談所?
Tracked: 2005-09-01 09:05

個人情報保護士
Excerpt: p個人情報、企業内の管理者 財団法人・全日本情報学習振興協会は、企業内で個人情報の管理を担当する人材の育成に向けて、10月2日に初の「個人情報保護士」の認定試験を行う。試験会場は東京、大阪、名古..
Weblog: [個人情報保護士]情報
Tracked: 2005-10-03 02:18
ほっとけない 世界の貧しさ
当サイトでは頂く「トラックバック」は 訪問して頂いた方にとても、大変お役に立つ情報であると考えています。 そのため、記事に少しでも関係のある物に関しましては大歓迎ですが
■記事と全く関連がないと判断される物
■「宣伝」「誘導」を目的とした物

これらに該当すると判断される「トラックバック」つきましては「削除」させて頂いておりますのであらかじめご了承下さい。 同様に「宣伝と判断されるコメント」も削除させて頂きます。



これだけは知っておきたい個人情報保護
岡村 久道 鈴木 正朝
日本経済新聞社 (2005/01)
売り上げランキング: 3,036
おすすめ度の平均: 4.39
4 とりあえず本
4 フレームワークを知るには良い本
5 「これで十分!!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。