個人情報保護に行き過ぎ

2005年09月21日

2005.09.19の日経新聞に「個人情報保護に行き過ぎ」と題した記事があり、興味深く読んだ。筆者は青柳武彦さん(国際大学グローコム教授)だった。

私なりに要約すると
・個人情報は「個人識別情報」と「プライバシー情報」とに分別できる
・個人情報保護法は個人情報全体を対象としており、さまざまなところで行き過ぎた個人情報保護が行われている。
・個人情報保護法で対象とするものを「プライバシー情報」に限定すべき
・「個人識別情報」は公共財として流通させるべき
という内容であったと思う。簡単に要約しているので誤解のないように必ず新聞紙面で内容は確認してほしい。

私もさまざまな実社会での「行き過ぎ」は問題であると実感しており、法改正が必要であると思っている。様々な省庁ガイドラインで対応できる部分もあろうが、やはり基本となる法律が個人情報全体を対象としているので抜本的には法改正が必要だと感じている。

ただ「個人識別情報」の取り扱いについては意見が異なる。

私は個人情報保護法の趣旨説明などで「一定のルールを守ることで個人情報の流通を促進し、便利な世の中を作る」という説明をよく聞いた。その趣旨はよく理解でき、賛同できるものだ。確かにあらゆるところで自分のことを自分だと認識してサービスしてくれれば便利だからだ。

・ピザ屋さんに電話して商品名を言うだけで自宅に届けてくれる(住所を伝える必要はない)
・ローンを申し込むと私の収入や職歴を調べて審査・融資してくれる(大量の申込用紙提出や住民票・収入証明書を出す必要はない)

非常に便利な世の中だ!
これこそ私たちが目指す世界ではないのか!

しかしそれも一定のルールを守らなければならない。それは唯一つ

私自身が自分の情報がどのように利用されているかを事前承認すること

これだけだと思っている。この権利を「自己情報のコントロール権」と言っているがこの権利とプライバシー権を混同している、と青柳氏は指摘しており、「自己情報のコントロール権」はすでに崩壊していると述べている。そしてプライバシー権に重点を置くべきだと結論付けている。具体例として住民基本台帳にはプライバシー情報はなく、コンビニエンスストアの個人情報流出でもプライバシー情報ではなく、クレジットカード番号などが含まれない限り単なる情報盗難事故だと。

私はこの考えには賛同できない。私の考えは以下のようだ。

識別情報も回復しがたい情報である!

情報漏えいした場合、特に住所などは引越ししないかぎり回復できず、重大な問題だと考える。事実、住民基本台帳で母子家庭を調べ、強盗に入るという悲惨な事件もおきている。だが情報漏えいした企業が引越し費用を負担したという話は聞かない。
クレジットカード番号や銀行口座番号などは企業側で無料で変更などしてくれ、不正利用を保障してくれるという点で、私は重要視していない。もちろん預金残高などは回復しがたいデータだ。

公益財としてのデータは現在も住民基本台帳をはじめとして国や地方公共団体が管理しており、そのなかで利用することで便利な公共サービスを提供することに異論はない。個人情報保護法は民間事業者も対象にしており、その情報範囲としてプライバシー情報のみに限定するのは現在の民間事業者の情報管理レベルから判断するに時期尚早だと考える。



posted by CISO見習い at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 個人情報保護




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7121186

家庭での個人情報管理
Excerpt: 第一生命経済研究所の  「家庭での個人情報管理に関する調査」によると  http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/ldi/news/news0510.pdf  ..
Weblog: 最新、アンケートによると
Tracked: 2005-10-16 14:55
ほっとけない 世界の貧しさ
当サイトでは頂く「トラックバック」は 訪問して頂いた方にとても、大変お役に立つ情報であると考えています。 そのため、記事に少しでも関係のある物に関しましては大歓迎ですが
■記事と全く関連がないと判断される物
■「宣伝」「誘導」を目的とした物

これらに該当すると判断される「トラックバック」つきましては「削除」させて頂いておりますのであらかじめご了承下さい。 同様に「宣伝と判断されるコメント」も削除させて頂きます。



これだけは知っておきたい個人情報保護
岡村 久道 鈴木 正朝
日本経済新聞社 (2005/01)
売り上げランキング: 3,036
おすすめ度の平均: 4.39
4 とりあえず本
4 フレームワークを知るには良い本
5 「これで十分!!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。